Rudowaは髪の夢を見る

”二郎は鮨の夢を見る”

東京、銀座のすきやばし次郎の店主・小野二郎さん。

87歳の今でも現役。1人の職人を追ったドキュメンタリー映画です。

二郎さんの”仕事に惚れなきゃだめなんだよ。””技を磨くことに人生を

賭けなきゃ”など数々の言葉が心に響きます。

二郎さんの仕事に対する情熱、生き生きと楽しそうに仕事をしている姿。

職人でもあり、1人のアーティストに見えました。

二郎さんが鮨の夢を見るように、

Rudowaも髪の夢を見れるくらい仕事に情熱を注いでいきたいと

思います。

??-1